建築・土木

建築、建設、エンジニアリング、土木などの多くの業界で、3Dスキャナーが使われています。3Dスキャナーを使い、建物、インフラ、工業施設などの既設構造物をスキャンすることで、実世界の情報を3Dデジタルドキュメント化できます。つまり、測量や計測による現状把握、診断や検査、図面の作成や設計、シミュレーション、デジタルアーカイブ、モデリングなどが、効率的に実現できるのです。

関連動画

FARO Handheld 3D Scanner Freestyle3D - Stair Lift

FARO Handheld 3D Scanner Freestyle3D - Stair Lift動画

The new FARO Scanner Freestyle3D, a handheld scanner for professionals provides a fast and easy to use scanning solution with verifiable accuracy of the 3D colour scan data. ...

一覧を見る

BACK TO TOP