このエントリーをはてなブックマークに追加

case039.jpgカナダのケベック市は北米最古のフランス系都市。ここを拠点とする創意的製品開発のコンサルティング企業STYL&TECH社は、ヨーロッパとアメリカ双方の動向を理解しています。
明快で信頼性が高く、納期を厳守した製品設計ソリューションを提供する同社は、実社会の課題を3Dソフトウェアでシミュレーションし、共同で製品開発を行うことが専門分野。
同社の事業の一つに、マニトバ州のトリプル社(Triple-E)が製造しているようなキャンピングカー向けの製品設計があります。

新しいパーツのデザインを既存製品に正確に適合させるため、同社は既存製品をCADデータ化する方法を模索していました。
さまざまな方法を試みた結果、新規に開発したパーツを既存製品に確実にフィットさせるためには、製品サイズの3Dイメージを「まるごと把握する」必要があると判明したのです。

同社は過去に、設計図のような2D CAD情報と、巻尺の使用を余儀なくされてきた苦い経験を持ちます。
ある企業のレーザースキャナーを試したこともありますが、その製品の精度は低く、信頼できるものではありませんでした。写真測量ソフトウェアも検討しましたが、機械的な部品を満足のいくレベルまで詳細にキャプチャできないという結論に達しました。

これらの問題を解決する唯一のソリューションが、FARO ScanArm®(スキャンアーム)と、ソフトウェアPolyWorksでした。
セットアップと操作のシンプルさ、データキャプチャのスピード、同社が何よりも重要視する精度もクリアしたのです。
スキャンアーム導入によって、高級自動車の表面のような複雑な形状も容易にキャプチャできるようになりました。

STYL&TECH社の製品開発ソリューションは、短納期の対応に定評があります。
スキャンアームは同社のスピードをさらに加速させ、新規設計製品の精度も向上させてくれました。
トリプルE社の最新モデルにおいては、スタイルのデザインを行うツールをわずか2カ月以内で提供することができました。これはスキャンアームを導入しなければ実現できなかった納期だといいます。

このように測定能力を底上げすることによって、同社は新規ビジネスを勝ち取ることができるようになりました。
ベル・ヘリコプター・カナダ社の案件においては、北米7社の競合を差し置いて、10人規模の同社が獲得。スキャンアームにより得た新たな技術によって、209あるツールのリバースエンジニアリングを4カ月半以内で達成しました。

FAROのソリューションにかけたコストは、競合に比べ安くは無かったといいます。
しかし、総合的に判断すれば、スピードアップと容易な操作性により、投資金額を6カ月で回収することができました。
社長兼GMのRoch Champagne氏は、以下のように評します。
「当社の理念である"最善の仕事を最短に"という言葉に、スキャンアームはまさしくマッチする製品です。これが無ければ、トリプルE社とベル社の要求に対応することは考えられませんでした。」

タグ: | | | |