3次元測定コラム

3Dレーザースキャナーとは

3Dレーザースキャナーとは

地理空間、大型構造物や部品など広範囲を高速にスキャンし、3次元座標データ(点群)として記録する、非接触型計測システムの3Dレーザースキャナー。文化財や建築物などの寸法や形状計測、道路、トンネル、橋梁、プラントなどあらゆるものを短時間でデジタル化し、3Dドキュメント化するポータブル3次元測定器です。

測量分野で使用されている光波測距儀やGPSによる測量と大きく異なる点は、瞬時に広範囲をスキャンし、大量の3次元座標データを取り込むことができることです。点ではなく面として捉える事ができるため、形状計測や変位計測を短時間で行うことができます。

3Dレーザースキャナー活用の主な特徴

  • 3次元情報を取得できる(X,Y,Z座標の点群データ)
  • 写真データ(RGB色の要素と照度)も取得できる
  • 広範囲を瞬時に非接触で計測できる
  • 視覚的に表示され、空間的な把握が容易
  • 説明、報告、状況把握、管理なども容易
  • CADデータとして活用できる
  • リバースエンジニアリングが可能
  • 3Dモデリングが容易

FARO® Laser Scanner Focus3D

オンラインセミナー

地理空間、大型構造物や部品など広範囲を高速にスキャンし、3次元座標データ(点群)...

contact
FARO社へのお問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ

    • 電話番号

      0561-63-1411

    • 受付時間

      9:00~17:30

  • ホームページからのお問い合わせ

    メールでお問い合わせ
BACK TO TOP