セミナー・イベント

オンラインセミナー「デジタルドキュメント化へのワークフロー」

オンラインセミナー「デジタルドキュメント化へのワークフロー」

フィールドワークからデータ処理まで:3D点群データからの既設構造物デジタルドキュメント化へのワークフロー

【このオンラインセミナーは日本語で行われます。】
近年、3Dレーザースキャニングは既設構造物のデジタルドキュメント化に際し、短時間で信頼性の高い正確な結果を提供できるため、さまざまな分野で導入が進んでいます。プロセス産業とプラントの配管設計、施設管理においては、配管の自動抽出や既設構造のモデリング、既存の施設、プラントのフロアプラン、階層のデジタルドキュメント化といった用途で使用されています。
点群データから必要な情報を引き出すためには、高度なモデリング技術が要求されます。そのため、モデリングはCADソフトウェア上で行われ、使いやすいワークフローが求められます。計画からモデリングまで一つのソフトウェアでできることが理想です。
このオンラインセミナーでは、実際の使用例を提示しながら、多くのユーザーが利用しているワークフローをご紹介します。多くの場合において、従来の方法に比べて作業時間とコストが削減されています。また、kubitのソフトウェアを使って、FAROのレーザースキャナーで取得したスキャンデータを直接AutoCADやRevitに取り込むプロセスもご紹介します。早く正確で使いやすいワークフローは、測量やレーザースキャニングを職業としていない方にとっては重要な要素です。このセミナーは測量や配管設計に携わるエンジニアやマネージャー向けのセミナーです。

開催概要

開催日 2014年7月17日(木)
時間 14:00スタート
会場 オンライン
URL http://www.faroasia.com/epu/jp/index.php?p=5237

今すぐ登録(無料)

オンラインセミナー概要

トピック ・3Dレーザースキャナーの概要 ・プロセス産業、プラント、配管設計(PPP)における用途 ・PPPでのフィールドワークからデータ処理までの一貫したワークフロー ・レーザースキャンデータからの抽出物  ・3D CADモデル  ・接続  ・構造分析  ・アイソメトリックス  ・干渉調査  ・設備分析 P・PPにおいてレーザースキャニングを使用する利点 ※内容は一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。
講演者

Mak Poh Fatt

FARO Singapore社の3Dデジタルドキュメント化に関するBusiness Line Manager。土木や測量分野で20年以上の経験を持つ専門家です。アフリカ、中東、オセアニア、南アジア、東南アジアで、サービス、テクニカル&プロダクト・マーケティング、パートナーネットワークの構築など、さまざまな業務を担当してきました。
ゲストスピーカー

Matthias Kunz博士

ドイツのドレスデンに拠点を置くkubit GmbHのBusiness Development Manager。以前は、写真測量法やレーザースキャニング、氷河学において研究に参加していました。ドイツ、ドレスデン工科大学において地理学の学位、イギリス、ニューカッスル大学において測量学のPhDを取得しています。

contact
FARO社へのお問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ

    • 電話番号

      0561-63-1411

    • 受付時間

      9:00~17:30

  • ホームページからのお問い合わせ

    メールでお問い合わせ
BACK TO TOP