設計・プロダクトデザイン

CADモデルや手書きの図面がない場合でも、アーム型3次元測定器やハンディースキャナーを使うことで、完全に一致する交換パーツを作成することができます。つまり、古い部品や機械を維持・修理することが可能になります。
また、実物の形状を取得し、設計改善、試作品比較分析、コンセプト開発や試験のようなデジタルエンジニアリングを促進します。リバースエンジニアリングに最適なスキャナーです。

関連動画

食品から工場まで。あらゆるものをレーザースキャン。3Dデータを利用した加工の可能性を探る

食品から工場まで。あらゆるものをレーザースキャン。3Dデータを利用した加工の可能性を探る動画

ものづくり産業におけるグローバル化が進むにつれて、型製作においても、木型を一つずつ手作業で製作する時代から、CADデータを利用してNC加工機などで型を製作することが中心の時代に変わってきました。そのため上野木型製作所は、型製作のための3 次元データ取得が可能で、取得したデータを CAD データへ変換できるシステムの導入が不可欠と判断しました。そこで、図面デ...

高速スキャニングと高解像度データを実現するFARO Edge ScanArm HD

高速スキャニングと高解像度データを実現するFARO Edge ScanArm HD動画

FaroArm は、3Dでの検査、治工具の確認、CADとの比較、寸法検査、リバースエンジニアリングなどに最適な、ポータブル3次元測定器で、製品の品質向上を可能にします。FARO EdgeはFaroArmシリーズの中で最先端の新製品です。 ...

FARO Handheld 3D Scanner Freestyle3D - Setup Video

FARO Handheld 3D Scanner Freestyle3D - Setup Video動画

The new FARO Scanner Freestyle3D, a handheld scanner for professionals provides a fast and easy to use scanning solution with verifiable accuracy of the 3D colour scan data. ...

一覧を見る

BACK TO TOP