品質管理・測定

3次元測定器を使うことで、手のひらよりも小さな部品から何十メートルもある構造物も計測、検査できるようになりました。また、軟らかい素材や部品、または自由曲面のあるパーツなども迅速にスキャンし、デジタル化できるようになりました。
ポータブル式の3次元測定器を使えば、パーツを検査室に移動させるのではなく、測定器を現場に持ち運び、その場で計測できます。3次元測定器は、部品検査、加工機上での測定、アラインメント、機械の設置や組立など、幅広い用途で使用されています。
3次元測定器を使うことで、計測業務を効率化し、生産性を大幅に向上させることが可能です。

関連動画

食品から工場まで。あらゆるものをレーザースキャン。3Dデータを利用した加工の可能性を探る

食品から工場まで。あらゆるものをレーザースキャン。3Dデータを利用した加工の可能性を探る動画

ものづくり産業におけるグローバル化が進むにつれて、型製作においても、木型を一つずつ手作業で製作する時代から、CADデータを利用してNC加工機などで型を製作することが中心の時代に変わってきました。そのため上野木型製作所は、型製作のための3 次元データ取得が可能で、取得したデータを CAD データへ変換できるシステムの導入が不可欠と判断しました。そこで、図面デ...

高速スキャニングと高解像度データを実現するFARO Edge ScanArm HD

高速スキャニングと高解像度データを実現するFARO Edge ScanArm HD動画

FaroArm は、3Dでの検査、治工具の確認、CADとの比較、寸法検査、リバースエンジニアリングなどに最適な、ポータブル3次元測定器で、製品の品質向上を可能にします。FARO EdgeはFaroArmシリーズの中で最先端の新製品です。 ...

レーザートラッカーによる「ものづくりと品質保証の一体化」 コマツ茨城工場、1年半で投資回収を見込む

レーザートラッカーによる「ものづくりと品質保証の一体化」 コマツ茨城工場、1年半で投資回収を見込む 動画

FARO Laser Tracker Vantage(ファローレーザートラッカー・ヴァンテージ)はどこにでも持ち運べるため、製品や部品が置いてある溶接工場、組立工場、時には屋外まで持って行って測定ができます。二瓶氏によれば「定盤が他の部品の検査で使用中でも、他の場所ですぐに測定ができます。部品を動かす際の危険も少なく、屋外で測定していて急に雨が降っても(防...

一覧を見る

BACK TO TOP